ストレスとホルモンは切っても切れない間柄

現在の人はストレスを抱えていると感じている人は多いもので時にはそれがイライラやうつなどの症状が出たりしてメンタルに大きく影響することもあります

そしてストレスはメンタル面だけでなく時にはホルモンバランスを不安定にさせてしまうことがあるのです

特に女性の場合は月経のあるうちは女性ホルモンのバランスの影響を大きく受けていることからストレスを抱えてしまうことで月経不順や不正出血不妊や更年期障害などさまざまな症状を起こしてしまうものです

女性ホルモンに対しては仕事のプレッシャーや人間関係のトラブルなど明らかに自覚しているストレスはもちろん自覚していないささいなストレスまでもが女性の体に大きな影響を与えてしまうこともあります

さらにストレスによってホルモンバランスが崩れるとほてりや動悸異様な汗っかきやひどい疲労感など一見ホルモンには何の関係なさそうな症状までもが現れてしまうことにもなりかねないのです

これらは更年期障害の症状であり加齢によってホルモンバランスがどうしても崩れがちな閉経前の女性によく見られがちなのですが時には30代や20代など通常は更年期障害の症状が出るような年齢とは考えられない女性でもストレスによるホルモンバランスの影響によって起きてしまうことがあるのです

このようにストレスはホルモンバランスを崩してしまう大きな要因となってしまうことがあるのですこのストレスがホルモンバランスに影響を及ぼさないようにする方法としては趣味やスポーツなど何かしらの手段を用いてストレスを解消するまたは睡眠時間や休養をきちんと取って疲れをためないようにすることが重要ではありますが何より大切なのはストレスを感じてもホルモンバランスができる限り乱れないような体質になることが重要です

ホルモンバランスが安定しやすい体質を作るために有効な方法はいくつかあるのですがその中でもサプリメント摂取は特にいいと言われていますサプリメントについては大豆イソフラボンやザクロなどのサプリメントが適していると言われていてこれらのサプリメントを服用するとホルモンバランスが崩れやすいくらいのストレスを受けたとしても影響をほとんど受けないくらいに効くという人もいるくらいです

これらのサプリメントは1日の定められた用量を服用するだけでいいのでストレスからホルモンバランスを守るためには簡単でとても有効な手段であるといえます

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です